アトピーなどの色素沈着や黒ずみの消し方にはどのような方法があるの?黒ずみと色素沈着は皮膚にどのような影響を与えると出来やすいの?

黒ずみの消し方には色々な方法がありますが、アトピーによる色素沈着は炎症を起こした皮膚がこすれる事に大きく影響されています。

アトピーが原因の色素沈着は、患部を掻きむしってしまう事、それを繰り返してしまう事が最も影響しています。

肌は、摩擦を受けると、メラノサイト細胞がメラニンを活発に生成して肌を守ろうとします。掻く事は、肌に強い摩擦を与えているので、このメラニン生成を強烈に活発にさせてしまいます。

アトピー治療は長期になる事も多く、この繰り返しが何度も何度も起きて、患部が色素沈着して、黒ずみとなってしまいます。

アトピーが原因の黒ずみであれば、消し方の順番としては、まずは患部の炎症を抑えて治していく事から始めましょう。

皮膚科で処方されるステロイド剤を始めとした塗り薬に、保湿剤を使ってしっかりと治療をします。痒みや赤みがひいて、跡が残った皮膚には、改めて黒ずみの消し方を考えていきましょう。

色素沈着に効果のある成分にハイドロキノンという成分があります。
ハイドロキノン配合のクリームは市販でも手に入りますが、アトピーがある人は、皮膚科で処方してもらった方が安心な上に、費用も少なくすみます。

ハイドロキノン成分だけでなく、日頃の保湿も肌のターンオーバーに影響大なのでしっかり保湿してあげましょう。

黒ずみ 消し方 アトピー

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。