黒ずみを取るには皮膚科や美容外科に行けば良いの?皮膚科や美容外科での治療法と治療費って?

黒ずみを取るには、皮膚科や美容外科の治療法が適していて、治療費は以下のようになっています。

黒ずみの部位や範囲によって適切な治療法は異なりますし、黒ずみを取る範囲が大きければ治療費も高くなります。

例えば膝の黒ずみであれば、皮膚科での施術がいいでしょう。皮膚科では国が認めた美白成分を肌に負担がかからない範囲で施術に使ってくれます。
肌トラブルが起きたとしても、医師が対応してくれるので安心です。

治療法としては、ハイドロキノンを使った方法があります。これは30日分の処方でだいたい1,600円~4,000円くらいです。
美容皮膚科よりも一般皮膚科の方が保険が適用されるので安く取ることができます。

美容外科だとさらに出来ることが増えますが、治療に保険が使えないので治療費が高くなりやすいです。

美容外科の治療法には、イオン導入・ケミカルピーリング・レーザートーニングなどがあります。

イオン導入は1箇所あたり約8,000円くらい、ケミカルピーリングは1回あたり6,500円くらい、レーザートーニングは1回あたり15,000円~30,000円程度です。

美容外科の方が即効性のある治療が受けられますが、値段が高いので予算と相談してみましょう。

黒ずみ 取る 皮膚科

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。