肘や膝、くるぶしの黒ずみの治し方にはどのような方法があるの?関節を乾燥から守る方法って?

普段からケアをしているつもりでも、ふと見ると膝や肘、くるぶしが黒ずんでいたという経験をした人も少なくはないでしょう。

肘や膝、くるぶしの黒ずみが目立つとスカートや半袖を着ることも躊躇してしまうものです。
特に肘や膝、くるぶしなどの部分は他の部分に比べて乾燥しやすいところでもあるので、見えないからと言ってケアを怠るのではなく普段から気を付けてお手入れをしておくことが大切です。

この黒ずみの原因は乾燥だけではなく、肘や膝、くるぶしの摩擦によって現れます。床に膝をついたり、頬づえをついたり、正座をしてくるぶしが床に当たることで角質が厚くなってしまいます。
角質が厚くなるとメラニンの生成が活発になるので黒ずんでしまうのです。

治し方としてはできるだけ摩擦を抑えるようにすることが大切です。洋服による摩擦も原因のひとつになるので、洋服を着る前にボディクリームを塗って保護することも有効な治し方です。

また、週に1回か2回のピーリングも黒ずみには効果的です。ピーリングをすることによって古い角質を除去することができるので、定期的にお手入れを行うと良いでしょう。

ただし、ピーリングのあとは乾燥しやすいのでしっかり保湿することも黒ずみの正しい治し方です。

黒ずみ 治し方 膝

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。