肘や膝などの関節の乾燥による黒ずみの治し方って?

肘や膝の関節は乾燥により黒ずみになることがありますが、治し方としては、フェイスケアと同じようにしっかりと保湿を行うことです。

身体の部位の中でも肘や膝などの関節部分は、乾燥しやすい部位となるため、他の部位に比べるとダメージを受けやすくなっており、黒ずみとして症状が出やすくなります。

肘や膝などの関節の乾燥による黒ずみの治し方としては、今使っている化粧水や乳液を使って保湿ケアを行います。保湿ケアと合わせて、刺激を与えないようにすることも治し方の一つです。

保湿ケアを行っていても肘や膝に刺激を与えてしまう姿勢や行動を繰り返すことで黒ずみが出やすくなります。
また、肌にフィットするタイツやレギンスなどをいつも着用していると摩擦が起きてしまい刺激を与えることになります。

すでにできてしまった部分の肌表面の角質を落とそうとピーリングなどを行ってしまうと刺激を与えることになり逆効果です。

肌は通常であれば約1ヵ月周期で生まれ変わるようになっています。この周期が乱れることで本来剥がれ落ちる古い角質が残り黒ずみの原因や長引く要因になります。

少しでも早く治すためには、保湿ケアだけでなく、肌の新陳代謝の周期を正常に保つことも大切です。

黒ずみ 乾燥 肘

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。