妊娠や産後の悩みの一つである、お腹の黒ずみの治療法にはどのようなものがあるの?

妊娠や産後の悩みの一つであるお腹の黒ずみの治療方法には「トレチノインハイドロキノン療法」というのがあります。

妊娠や産後のお腹の黒ずみの原因はホルモンバランスの変化によってメラニン色素が増えて、色素沈着が起きたことが原因です。

なので、このメラニン色素を消す効果がある美白効果があるハイドロキノン配クリームと、ビタミンCなどをハイドロキノンの浸透力を高めるためのトレチノインという薬剤と合わせて使って黒ずみの部分に塗って治療します。

シミやソバカス、ニキビ跡などにも使われている美白療法です。ただし、副作用の心配があるので妊娠中や授乳中だと治療ができません。授乳が終わった産後であればトレチノインハイドロキノン療法を試してみてもいいでしょう。

お腹の黒ずみの悩みの原因には他にも縮んだ皮が余って黒っぽく見えてしまうケースもあります。
これはメラニン色素が増えたことが原因ではないので、この悩みに対してはトレチノインハイドロキノン療法は有効ではありません。
こちらはターンオーバーが整えば徐々に回復する可能性がありますが、その他に妊娠線クリームを塗るという方法もあります。

いずれの治療法も子供に影響が出ない時期にやりましょう。

黒ずみ 治療 妊娠

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。